スタッフ紹介Staff

理事長 今川 勝

理事長略歴

  • 昭和45.12広島大学医学部附属病院研修医
  • 昭和48.4厚生連尾道総合病院内科医師
  • 昭和49.4広島大学医学部第1内科医員
  • 昭和52.6宇和島社会保険病院(愛媛県宇和島市)採用
  • 昭和53.7県立広島病院消化器内科副部長 採用
  • 昭和57.4同 消化器内科医長
  • 昭和61.4同 内視鏡室長兼任(平成2.迄)
  • 平成2.4同 消化器内科部長 昇任
  • 平成9.4同 副院長兼消化器内科部長 昇任
  • 平成12.4同 県立広島看護専門学校長兼務(平成15.3迄)
  • 平成17.4同 県立安芸津病院長兼務(平成18.3迄)
  • 平成22.3同 定年退職
  • 平成22.4医療法人社団仁愛内科医院理事長 就任
  • 令和1.4現在に至る
院長 今川 宏樹

はじめまして、仁愛内科医院院長の今川宏樹(いまがわひろき)と申します。このたび、仁愛内科医院を承継いたしました。仁愛内科医院は、母が1983年に広島市広瀬町で開業し、現在の地である廿日市市地御前に1990年に移転し現在に至ります。私自身が生まれ育ったこの地に、地域医療を通して恩返しをさせていただくつもりで、日々の診療にあたりたいと考えております。 わたしの専門は消化器内科で、これまで特に食道がん、胃がん、大腸がんの内視鏡治療に力を入れてまいりました。その中で病気は早期発見して治療することが大切であると痛切に感じております。たくさんの方々のがん予防と早期発見に貢献するため、当院では皆様に安心して内視鏡検査を受けていただけるよう、できる限り痛みのない、苦しくない検査を心がける所存です。 また複数の基幹病院で消化器内科だけでなく、総合内科専門医としても経験を重ねてまいりました。その経験を生かし一般内科や生活習慣病の治療などにも積極的に取り組んでいきます。 地域の皆様のかかりつけ医として身体の不調や健康面のことなど些細なことでもお気軽にご相談ください。仁愛内科医院をどうぞよろしくお願いいたします。

  • 院長略歴

    • 平成7.3広島学院高等学校卒業
    • 平成14.3広島大学医学部医学科卒業
    • 平成14.5広島大学医学部附属病院 医員(研修医)
    • 平成14.10県立広島病院 医員(研修医)
    • 平成15.10広島大学医学部歯学部附属病院 医員(研修医)
    • 平成16.4中国労災病院 内科
    • 平成19.4広島大学病院消化器内科 医科診療医
    • 平成20.4井野口病院 内科医師
    • 平成23.10公立みつぎ総合病院 内科医師
    • 平成24.4JA尾道総合病院 内科 部長
    • 平成30.4広島記念病院 内視鏡室医長
    • 平成31.4仁愛内科医院 院長
  • 免許・資格

    • 医学博士
    • 日本内科学会 総合内科専門医
    • 日本消化器病学会専門医
    • 日本消化器内視鏡学会専門医
    • 日本消化管学会 胃腸科専門医
    • 日本ヘリコバクター学会 H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医
    • 日本カプセル内視鏡学会 認定医
    • 日本内科学会
    • 日本消化器内視鏡学会
    • 日本消化器病学会
    • 日本消化管学会
    • 日本ヘリコバクター学会
    • 日本カプセル内視鏡学会
副院長 今川 智香子

副院長略歴

  • 昭和46.3山口大学医学部卒業
  • 昭和46.4広島大学病院 第1内科入局
  • 昭和48.4国立大竹病院(現 西医療センター)勤務
  • 昭和50.4広島鉄道病院(現 JR広島病院)勤務
  • 昭和58.1広島市西区広瀬町にて仁愛内科医院開設
  • 平成2.12廿日市市地御前に仁愛内科医院を移転し現在に至る